非日常的出来事で焦ってしまうトイレの水漏れ

非日常的出来事で焦ってしまうトイレの水漏れ トイレで水漏れが起きる事態となったら、大きな騒ぎになることもあります。まずは冷静に状況をとらえて対処方法を取らなければいけません。一時的に水の流れを止めて、修理を依頼するためにも、その方法を覚えておくことが必要です。方法を知っていれば、焦らずに済みますし、被害も最小限に抑えられるでしょう。そこから専門業者に依頼するなどの選択肢を取れば安心です。

■トイレの水漏れはどこからでも起きる

トイレの水漏れが起きるのはどこかといえば、設備として水が流れるすべての場所です。水を流して洗浄までおこなう機能のため、すべての場所で水漏れが起きる可能性を持っています。毎日使用する場所のため、できるだけ早期に修理する必要があります。
水回りの設備は家庭の中にいろいろとありますが、トイレの存在は特別で、どんな人でも毎日何回も使います。使わない日はない場所になるため、水漏れを起こせば大問題です。水はどんどんと流れだす場合もありますし、少しずつでも漏れだせば、床に浸透して傷めてしまうことも出てきます。便器の中に流れていても、使ってもいない水道代の請求がくるため、経済的な損害も生み出す場所です。タンク内の部品の不具合などが原因で、常に水が少量流れている状態となることもあり、後日水道料金を見て発覚したというケースも少なくありません。わずかな変化も見逃さないように日頃から点検するようにしておきましょう。

■水は止まらないことが多い
水回りのトラブルの中でトイレが大きな問題になるのは、水が止まらないからです。構造的な問題で、水がずっと供給されるため、便器へ水が漏れても止まらない可能性あります。
便器の中に水が少しずつ漏れるのは、経済的な損失を生み出します。タンクを持っている既存の形状を想像するとわかりますが、流すときにはタンクに貯めた水を利用します。すぐに水道から使った分を供給するからです。この機能の循環が、ほんのわずかであっても水漏れを止まらない状況にしてしまいます。便器の中に流れ出したとしても、ずっと止まることがありません。タンクの内部から流れ出ている状況は、パッキンなどの劣化による場合が多く、自然に直ることがないので修理をする必要があります。

■素早く対処すること

トイレの水漏れはパニックになりやすいトラブルですが、自分で直せるかどうかも普段から考えておく必要があります。例えばタンクの内部にあるゴム部品であれば、自分で交換することもできるでしょう。方法も調べればわかりますし、メーカーでも交換方法やパーツの供給をしています。ホームセンターに行けば、交換のための道具も見つけることができるはずです。
便器にひびが入り、水が止まらない状況などは、手を出せる状況ではなくなります。自分ではとても修理ができないと専門業者に連絡して、修理の依頼をするのは、確実な方法です。
問題は、どこから水漏れしているのかわからないときです。まずは原因がどこにあるのか判断し、早急に対処しなければいけません。わからないときには、自分で修理をするのはリスクが高い状況です。原因の把握もできない以上、早急に対処できる方法として、専門業者に依頼しましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、頻繁に起こる場所ではありません。可能性としては決して高くないものの、定期的にメンテナンスが必要な場所なのは理解しておく必要があります。目の前で非日常的な状況が発生したときに、ある程度の知識を持っていれば焦らずに済み対策が取れることもあります。自分で修理するだけではなく、専門業者に依頼するのも対処法なのですから、状況把握ができるためにも、どんな場所で起きるか知識を身につけることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース