トイレで水漏れが起きる原因は

トイレで水漏れしている状況を見つけたら、パニックになる人が多いです。修理する方法も考えられない、どうしていいのかわからない、と混乱してしまう人もいるでしょう。非日常的な出来事が目の前に起きるときは予想ができませんが、普段から原因になりそうな場所がわかれば、点検などをすることもできるでしょう。何も知らないままでいるより、知識があったほうが役立つこともあります。知識を持つことで、非日常的な出来事から守ってくれます。

■配管周りのパッキン

トイレには、さまざまな配管が取り付けられています。水漏れを起こす原因となるのは、この配管周りがあげられますが、接続している状況に注目しなければいけません。配管は丈夫に作られており、容易にひびが入ったりしない部品ですが、接続してある部分が問題です。一体化できれば水は漏れないものの、取り付けるときの問題もあるため一体化はできません。
配管を接続すれば、その部分に隙間ができます。違うものを取り付けているため、わずかでも隙間ができますが、埋めるためにパッキンを使っているため、一般的には問題が発生しません。水漏れが起きるのは、何かの力が働き、隙間が大きくなりパッキンが対応できなくなる状況です。ゴムでできているパッキンの劣化も原因で、弾力性を失い、隙間ができる状況で水漏れが起きます。

■排水管との接続部分から

水漏れに気が付く理由はさまざまです。床が濡れていることに気が付き、トラブルが起きているのを見つけるのは良くあるパターンといえます。床が濡れている状況は、どこからか水が漏れてきているのは間違いありません。掃除をしているときに、気が付くのが基本です。
配管などからの水漏れなら、発見した場所をたどっていくと判明します。いくら探しても見つからないときには、一度流してみるのが簡単です。排水管周りから漏れてくる状況もありますが、水が流れていないと見つけ出せないことがあるからです。便器と排水管は接続されていますが、ここにもパッキンが存在します。このパッキンは便器を取り外さなければいけないため、接続部の床が揺れてきているのであれば、専門業者に依頼しなければ修理はできません。

■まとめ
トイレの水漏れは、原因によって専門の知識がなければ対応できない場合が出てきます。水漏れなど簡単に止められると思い、時間をかけている間に大参事になるケースも忘れてはいけません。原因から自分で修理ができないと判断したときには、できるだけ早く専門業者に依頼して解決するのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ