トイレの水漏れは止水栓を閉めるところから

トイレで水漏れを確認した場合、まずおこなわなければいけないのは、被害の拡大を食い止めることが必要となります。トイレの外で漏れているときだけではありません。便器の中に水が流れ続けている状況も、無駄に水を使っていることに繋がります。この状況を食い止めなければ、修理をするかどうかにまでいきません。安全な作業をするためにも、専門業者に依頼して修理をするまでの時間でも、対処方法を知らなければいけないでしょう。

■トイレには止水栓がある

水道から水を供給するトイレには、その水を止める手段が用意されています。どの家庭でも見かけますが、普段から注意しておかなければ気が付かない部分です。
水道管につながっている部分を見ると、栓があるのがわかります。止水栓と呼ばれる部分で、水道からの供給を遮断する役割を持っている部品です。タンクへの水の供給も止水栓を閉めれば遮断できるため、水漏れを食い止める最初の手段としておこなわなければいけません。
止水栓は手で閉められる物のほか、マイナスドライバーで閉める場合もあります。水道水が流れてくるため、確認のために何も問題がないときに閉めてみるのがポイントです。どんな道具が必要なのか判断できるようになります。

■元栓を止めなければいけないケース

止水栓を閉めれば、水の供給は絶たれ、タンクなどに残っている水以上は漏れださなくなりますが、問題は止水栓本体にも出てきます。止水栓も水回りの部品となるため壊れないわけではありません。トラブルの時に便利で助かる止水栓も、水道管に接続される部品のひとつで劣化する可能性もあります。
水道管周りで水漏れしている場合、止水栓よりも上流で漏れると、止水栓では対処できません。この場合には、元栓を閉めて止水栓を外し、交換する必要も考えられます。
元栓を閉めると、家庭内の水の救急をすべてとめることができます。他の水回りも使えなくなりますが、確実に遮断できる方法です。家の外に取り付けられているため、普段からどこにあるのか確認しておけば安全です。

■まとめ
止水栓を閉めても、すべての水漏れを止められるわけではありません。どこかに水が溜まっていれば、その水が流れ切るまで止まることがないからです。それでも、初期対応として元栓を閉めれば被害の拡大を抑えられます。流れた水の処理もしながら、専門業者に依頼するまでの時間も作れるでしょう。普段から気をつけて場所の確認もしておけば安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ