トイレの水漏れをリフォームするきっかけに

トイレの水漏れの中でも、大きな問題になるのが排水管との接続部です。パッキンの劣化も考えられますが、なにか力が加わりずれてしまっても起きます。一度に大量の水漏れが起きるわけではありませんが、トイレで使った排水が漏れるのは、衛生上でも大きな問題です。家の構造にもダメージを与えるため早めに対処しなければいけませんが、かなり大掛かりな工事になるのは理解しておく必要があります。

■便器と床の間の水漏れ

便器の周りから水漏れするケースは深刻です。排水管との接続部分が問題になるケースもありますし、配管部分から流れ出た水が溜まっていることも考えられます。原因を探ることが大切になるため、まずは一旦ふき取り水がない状況を作るのが大切です。
この状況から水を流してみると、流れ出てくる時に原因が分かることもあります。タンクなどの底面から漏れてきているのであれば、しずくが落ちるなどの反応が見られるはずです。なにも落ちてきていないのにもかかわらず、便器の周りにたまるのであれば、排水管のパッキンに問題がある可能性を考えなければいけません。原因をはっきりさせることが大切になるため、こうした確認が大切です。
原因が見つかれば、簡単に修理ができるかどうかの判断もつきます。配管などから漏れているケースでも、深刻な場合があるため、専門業者の検査を受けるのが安全です。

■快適な環境を作るリフォームするきっかけに

トイレの排水管周りで水漏れが起きたときには、悪臭も出てきますし、床材や床下でも被害が広がっていきます。修理するとしても、かなり大規模に行う必要があります。便器も外すため、大掛かりな施工が必要になるため、リフォームを考えてみるチャンスです。
トイレのリフォームは、時間もかかります。最新のトイレにしたいと思っても、その費用はかかるので、なかなか踏み切れるものではありません。
トイレの配管から水漏れを見つけたときには、他の部分の修理とともにリフォームする良いきっかけです。大きな費用がかかる状況でも、うまく逆手に取れば効率的に新しくできます。

■まとめ
トイレの排水管で起きる水漏れは、かなり大きなトラブルです。想像してみればわかりますが、だれでも起きてほしくないトラブルなのは間違いありません。便器を外し、被害が広がった床の修繕をするのであれば、リフォームするきっかけにして工事費の節約できます。トイレは生活に必須で、毎日使わなければいけない設備なのですから、水漏れというトラブルをきっかけにして、快適な環境を作るのもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ